困った時のタレ頼み! 煮豚も最小限の調味料で節約レシピ✨


本日もご来店ありがとうございます。

かん吉清水店のよしだきくこです😊


【神のタレ✨1週間チャレンジ7日目】


神のタレを『毎日の味付けが「これ1本」で決まる』と謳っているからには、私がそれを証明しようという企画です。


7日目最終日は煮豚のご紹介です。

煮豚というより茹で豚に近いかな。



今日は確定申告の相談で、仕事の後税理士さんとお話があるのです。私の苦手な数字の話、一筋縄でいくわけがありません。


夕飯を作ってる時間は多分ない❗️


時間はないけど私には神のタレがある❗️❗️




というわけで、朝から豚肩ロースの塊をシャトルシェフ(保温鍋)でじっくり茹でて、柔らかくなったら熱いうちにとりだして、ポリ袋に入れて、神のタレと醤油とおろしニンニクを適当に入れるだけ。


この方法だと調味料は最小限で済みますよ😊

煮るとお肉が隠れるくらい煮汁が必要で余ったのが勿体無いじゃないですか。


調味料最小限でも、お肉が熱いうちに漬け込めば味もしっかり染みてくれます💕


沸騰させてからは、保温鍋で放置するだけなので超簡単ー❣️

その割に見た目が豪華なのでオススメです。

テヲカケタフウニミエマス

脂身がトロットロ💕


じっくり火を通した塊のお肉は柔らかくて美味しいです。


ラーメンのトッピングにしてもいいし、炒飯にすると絶品だし、もちろんそのまま食べても美味しい❣️


神のタレが豚肉の旨味を底上げしてくれて、ご飯のおかずにも酒の肴にも合います💕


【材料】

豚肩ロース    一塊

神のタレ     適当

醤油       適当

おろしニンニク  好みで

ポリ袋      1袋


【作り方】

①豚肩ロースを水から柔らかくなるまで茹でる。(保温鍋が有れば沸騰したら火から下ろして外鍋に入れて放置。炊飯器調理でもいけるかも)

②お肉に串を刺して柔らかくなっていたら熱いうちにポリ袋に入れて調味料を入れて冷めるまで置いておく。


スライスして軽く焼き目をつけると絶品炙りチャーシューになるし、これで炒飯作るとめっちゃ美味しいです✨


神のタレはかん吉清水店の店頭、エスパルスドリームプラザみのり市場又はかん吉通販サイトにてお求めいただけます‼️








#kankichishimizu 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

Googleマップ
〒424-0878
静岡市清水区御門台3-10
tel:054-348-1712

© 炭火鰻 かん吉 清水店