神のタレ発売までの道のり1・初回ロット残り394


神のタレで作りました

かん吉清水店のよしだきくこです。

本日もご来店ありがとうございます。


神のタレ、お店で1本、エスパルスドリームプラザで1本、通販で6本、計8本売れました(≧▽≦)


やったー!!嬉しい!!!

ご購入くださった方、本当にありがとうございます。


知名度0のタレが売れるなんて本当にありがたいことです。

初回ロットが411本で、モニターさんに9本使ったので残り394本です。

追加で生産できるくらい売れますように。



ウチのうなぎのタレがものすごく料理に使えることがわかって、いろんな料理に使ってみました。

多分3、4年前の事です。


すき焼き、筑前煮、焼き肉のタレ、肉巻きおにぎり、ブリの照り焼き、天丼のタレ、照り焼きチキン、みたらし団子等・・・。


料理の主役だけでなくわき役にも使えます。


チャーハンの仕上げに入れたり、オイスターソース代わりに使ったり。最後に味を調えるのにすごく便利なんです。


パートの主婦スタッフからも大絶賛!


早速量産してお店で売ろうとしましたが、立ちはだかる壁が・・・。



それは、保健所。


ウチの店は飲食業と惣菜業の許可はとっているのですが、タレを製造販売するのには「ソース業製造許可」が必要になってくるんですね。


保健所にタレを作って売りたいと相談に行ったのですが、撃沈して帰ってきました。


食品衛生法に基づいた様々な条件を満たした調理室を飲食業とは別に用意しなければならないんです。


口に入るものを扱うのですから、厳しくて当たり前です。


静岡市の保健所のホムペ貼っときますね。


また気になる方は各市町村の保健所にお問い合わせください。


かん吉清水店の調理場は一個しかないし、この様々な条件というのが厄介なんですよ。


自宅の台所はだめです。


専用の調理場で水道のシンクが何個以上なければならないとか、壁の素材が○○とか、完全に業務用の専用調理場を用意しなければならないの。


かん吉清水店の本業もあるし、どこかに借りるのも無理がある。片手間でできるもんではないんだ・・・。


何個売れるかもわからないタレにそんなにお金かけられないから、この時はいったん諦めました。


続く。



●店舗・オンラインショップでお求めいただけます

https://kankichishimizuten.stores.jp/



#神のタレ #かん吉清水店 #うなぎ百名店

#kankichishimizu 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

Googleマップ
〒424-0878
静岡市清水区御門台3-10
tel:054-348-1712

© 炭火鰻 かん吉 清水店